突然やってくる葬式

家族や友人知人の死去は突然やってきます。

葬式を仕切る側は突然の事で、病院でお亡くなりになった場合、病院側と出入りを契約している
葬儀屋さんが待機しております。
そこで、悲しみの感情から思考停止し、全てまかせてしまいますと、思わぬ出費を負うことになります。
葬儀屋さんはビジネスとして毎日取り仕切っていますので、悲しみは共有しません。

自分が過去に出席した事のある葬式を思い出す事です。
必ず、理想に近いものがあるものです。
それと、自分のおかれた経済状況と相談することです。

まずは葬式の形態、葬式の後のお墓、納骨、はどうするか。
戒名とは?それを知るだけでも数十万の違いがでます。
長男のお墓に入るからお墓はそこにと考えても戒名がないと納骨は拒否されます。
戒名は死んだ人のあの世の名前というより、納骨許可書、お墓の管理費みたいなものと
考えた方が良いです。

お墓がないなら宗教を問わない永代供養とかも有ります。
これも3万円ぐらいか百万円単位で有りますので、一例として有る事ぐらいは覚えておきましょう。

縁起でもないと考えず、通常時に、面倒でも、一通りの知識を入れておくだけでも
突然の葬式に慌てなく済みます。

費用の目安です。

葬儀費用(お経・戒名・布施等含む)に関しての全国平均は約189万円です(財団法人日本消費者協会第10回「葬儀についてのアンケート調査」平成26年1月)。当該調査では東京・神奈川・埼玉の平均が約184万円で全国平均より約5万円程度安いです。千葉・茨城・群馬・栃木約の平均は約237万円ですので、地域によって当該儀式の費用は様々です。費用の内訳は葬儀費用一式で全体の60-70パーセント程度・飲食接待費が全体の16-20パーセント程度・寺院費用が全体の21-30パーセント程度です。この様に当該儀式の費用は多額になる可能性が高いです。費用は各地域によって大きく違うので気になる人は葬儀社に事前に相談すると良いです。一つの会社では不安の場合には、数社から見積もりを出して貰って相見積もりをすると費用が安く済む場合もあります。また、事前相談を行うと割引制度もありますので、当該儀式を行う場合に事前に相談すると得な事が多いです。

<PR> 心の童話 / ショッピングカート / 初値予想 / 童話 / オーディオ / 女性の人生 / 家計見直しクラブ / GetMoney / JALカード / アフィリエイト相互リンク / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣