葬式のときの言葉かけ

葬式の弔問客は、故人の死を悼む気持ちを伝えるためにお悔やみの言葉をかけるのが一般的です。遺族は深い悲しみにかられている可能性が高いので、失礼にならないように、相手の心を傷つけないように気をつけて言葉を選びましょう。
悼む気持ちを込めながら短めに伝えるようにします。故人と縁が深かった人は色々なことを喋りたくなるかもしれませんが、遺族の負担を増やしてしまうだけなので、できるだけ短めにまとめましょう。
声は小さめでトーンを抑えて挨拶するようにしましょう。
死因や故人の年齢によってかけるべき言葉を変える場合もありますが、こちら側から死因を訪ねるのはマナー違反なので控えましょう。遺族から死因について説明されたら頷きながら静かに耳を傾けるようにしましょう。
一般的な言葉として「このたびは誠にご愁傷様でございます」「心からお悔やみ申し上げます」などと伝えることが多いです。遺族の悲しみに触れすぎないように注意しましょう。