どのような葬式をするか

葬式は遺族の悲しみに区切りをつける意味も込めて行われます。なので、形式にはこだわったほうがいいです。
最近では簡略的に行う直葬や1日葬というスタイルもあります。
直葬は、通夜と告別式は行わずに火葬だけ行う葬式です。病院で亡くなった場合は安置場所に搬送して24時間経ってから火葬を行います。病院では2時間程度しか安置してもらえないので、病院で24時間過ごすことはできません。家か葬儀社の施設、もしくは火葬所にある安置室を利用する必要があります。
1日葬は、通夜と告別式をまとめて1日で済ませてしまう方法です。場合によっては告別式のみになります。1日だけで済ませることができるので、費用と時間の負担がかかりにくいのがメリットです。
どのスタイルでやるのも遺族の自由ですが、故人の社会的地位や希望などを考慮して葬式を選ぶことが大切です。社会的地位が高かった人の場合は、密葬をしてから本葬を行ったり、一般葬で大規模に見送ることが多いです。