日本流葬儀のとは

 日本において葬儀は一般的に通夜と葬儀・告別式を行うのが一般的になっています。しかし家庭の事情などによって形式的な儀式を行わず、遺体安置所もしくは自宅から直接火葬場に遺体を運び火葬し戒名を受けてもらう形式も特に都市部に増加してきていると言われています。日本は特に多宗教国家であり、仏教においても他宗派が存立しているので、キリスト教系の儀式、仏教でも宗派によって行われる儀式の方式や焼香の違いなどがあります。

 また日本においては、葬儀に参列する際の服装や持ち物に日本独自の忌避されるものが多数存在しています。日本独自ではないものの、服装として一般的に華美な服装は歓迎されず、黒い服装の中でも、てかりの少ないものが喪服として着用されています。また身に着けるものとして、殺生を意味するファーなどの動物性のものや、貴金属類の着用はご法度されています。貴金属は特にめでたさを意味してしまう場合もあり、亡くなられたことを祝福しているという意味に解釈できてしまうため避けるのが一般的となっています。また女性の化粧についてもチークや口紅などで過度に赤みのあるものは避けるのが礼儀とされています。