葬儀を行うだけが供養では無い事を知る必要があります。

現在の葬儀は、仏教の教義に基づいて行われているイメージがあります。しかし、祭壇には遺影と綺麗な花、戒名が刻まれた位牌が置かれていますが、仏様が不在な事が多く弔問客や遺族は何に何を祈っているのかわからないと言われる方が多くいます。弔問客や遺族の中には、葬式仏教を経験した事で葬儀には仏教の宗教的な意義は無いとして、直葬や0葬を選択する方達も多くなっています。しかし、宗教的な意義よりも経済的な負担の軽減が1番の目的である事がほとんどですが、実際に仏教からの人心離れも急激に高まっているのも事実です。葬儀に関しては、金額でランクの決まる戒名や法号、檀家になる為の高額な費用、高額な永代費用など寺院に関わるすべての事に高額な費用が付きまとうので、寺院との付き合いが希薄になっています。加えて、日本の民族性が世界でも有数の無宗教国家である事も大きな素因となり、葬儀自体を行わない事を望む遺族や故人が増えるとされています。現在では、葬儀を行う事が供養と考えは少なくなっています。