葬儀には戒名が必要?

葬儀にかかる費用としてお寺へのお布施というものがあります。
その内訳は、葬儀で行われる読経に対するお布施と戒名を頂くお布施となりますが、この戒名はなぜ必要なのかご存知でしょうか。

戒名とは仏の弟子となった証に授けられる名前のことです。
そのため、実際に仏教徒として修業を積み、生前に戒名を受ける人も沢山います。
しかし、一般には亡くなってから葬儀までの間に戒名を授かることがほとんどです。
では、なぜ戒名が葬儀までに必要なのかというと、仏教式の葬儀の場合は、それを行うことにより故人の魂がこの世からあの世へと送り出されます。そのための宗教儀式のため、それ以降は故人はあの世で仏の道を目指し極楽浄土への旅路にでると考えられるため、その時点で仏の弟子である戒名を持っていなければなりません。

ただし、神道やキリスト教徒などで代々仏教式で葬式を行わない家の場合には戒名をつけないことも多く、飽くまでも仏教式の概念によるものなのです。