葬式は実は卒業式と同じ⁉︎

人が亡くなったらセレモニーホールで葬式が行われます。葬式というと故人との永遠の別れの儀式というイメージがあります。しかし仏教では現世は修行の場であり、葬式とは修行を終了した祝いの儀式とされています。修行を終了した証として菩提寺の住職から戒名をもらいます。戒名は修行が終了しないともらえないので、生前はもらうことはできません。
戒名の値段ですが、日蓮正宗のように一律2000円の宗派からかなり高額なお金を要求される場合まで様々です。
参列する際の心構えですが、お経を読む事ができる場合には導師と一緒に読経する必要があります。葬式の読経は故人に変わり、安全に仏様のもとまで行けるように導くお経です。そのため導師と一緒に読経するのが良いと言われています。お経を読む事ができない場合だと、お題目や念仏などを心の中で唱える事が大切になります。どの宗派であっても葬儀に参列する場合には、このような心構えが大切になります。