葬式のマナーの基礎知識

はじめて葬儀や葬式に参列する場合は、ひと通りのマナーについての基礎知識を学ぶことは、社会人として大切なことです。はじめての葬式で立派な作法ができ、態度、マナーを身につけていると、周囲から、一目置かれた存在になります。最初に葬式のマナーの基礎知識として、焼香の作法を覚えます。霊前の祭壇の少し手前で僧侶と遺族に一礼をします。次に抹香を親指、人差し指、中指でつまみ静かに高炉に落とします。この場合は、回数は宗派によって違うので、最初に聞いて回数を間違わないで、できるように心がけます。真言宗、曹洞宗は3回行います。真宗大谷派、臨済宗は2回行うようになっています。最後は合掌したまま一礼をします。通夜までは近親者の服装は、喪服に着替える必要はありませんが、葬式の時は喪服に着替えます。また参列する女性は、葬式の時の服装は、黒を基調にした地味な服装をし、派手なアクセサリーは身につけないこともマナーの基礎知識です。