ゼロ葬と言う葬儀と戒名

日本の葬儀は、ゼロ葬やドライブスルー&アテンドスタイルホールなど聞いた事も無い形が登場しています。ドライブスルー&アテンドスタイルホールは、一般的な葬儀を行う一方で足の不自由な高齢者や障害者が車に乗ったまま焼香を行う為のシステムなので、このシステムに対応した設備を整えるだけで後は定着するかが問題とされています。ゼロ葬は、通夜や葬式、収骨、埋葬などすべてを行わず、唯痛いを火葬するだけなのでゼロ葬を葬儀と呼んで良いのか甚だ疑問ではありますが、ゼロ葬を希望する遺族や故人が増えているのも事実です。しかし、火葬後の遺骨は持ち帰るのが原則なので、遺骨と遺灰の処分を行なっているか火葬場に確認する必要がありますが、遺骨の全てを収骨しない部分収骨の風習のある関西圏では対応してくれる火葬場もあります。ゼロ葬は、一切寺院との関わりがないので戒名や法号に困りますが、現在では生前にリーズナブル価格で戒名をつけてくれる寺院もありますし、戒名用のフリーソフトも存在するので戒名の為に数十万円から数百万円払う必要がない時代になっています。

PR | 骨壺のカバーをお探しの方はこちら